どの方法を選んでねずみ退治を行うべきか - 猫のねずみ退治の理由

どの方法を選んでねずみ退治を行うべきか

subpage01

ねずみ退治の方法はいろいろありますが姿を見たくない場合は毒エサや粘着シートに捕獲罠を使うような方法は向いておらず、追い出すことを軸に考えなければなりません。



追い出してもまた舞い戻ってくることを考えれば、姿を見ることになっても確実な駆除ができる毒エサや粘着シートを利用したほうがよいです。毒エサを設置したらその場で食べてくれる場合もありますが巣に持ち帰って貯めておき、後から食べる場合もあるためすぐにねずみ退治できるものではなく、日数がかかる場合もあることを知っておきましょう。
粘着シートも設置後はしばらく警戒して出没しなくなることがあるため、ある程度の長期戦は覚悟するべきです。

忘れたころに毒エサを食べたり粘着シートにつかまったりすると死がいがあることに気づかないでしばらく放置してしまう可能性がありますが、悪臭のもとになるのでできるだけチェックを怠らずにねずみ退治できていたらすぐに処分することができるようにしましょう。



自然が豊かな場所だとねずみのニオイに誘われて蛇などの捕食動物が入ってきてしまう恐れがありますから、ねずみ退治を終えたら通り道だと考えられる場所や巣があった可能性が考えられる場所を清掃し、できれば消毒など除菌も行ってニオイも残らず清潔な状態にしたほうがよいです。

冬眠をすることがないねずみは冬場でも出没する可能性がありますから、冬だからと言って安心せずお菓子などをテーブルの上に出したままにしないようにして、ねずみが来ない環境にしましょう。